メインイメージ

ページアイコン国際ビジネス科人材マネジメントコースページタイトル

外国人労働力を活用できる
人事のスペシャリストに

外国人労働力を活用できる人事のスペシャリスト育成を目指したプログラムです。
次世代のニーズに向けた、新しいスキルが習得できる内容となっています。

  • 2年制
  • 日本人学生
イメージ
この科で学べる授業の特徴 サブタイトル
経営マネジメント
人事のプロとして経営の中枢に就くために、経営についての基本知識や企画・戦略、情報収集を通じて、組織の利益追求の為のマネジメント方法を理解する。
人事制度論
人事に関する知識を習得し、企業の人事部の業務内容や課題を理解する。
人事の仕事とは サブタイトル

人事が担っている役割は、「人材によって組織を発展させること」です。 例えば優秀な人材を採用することも、社内組織を最適化することも、 そして社員が働きやすい環境づくりをすることも、人事としての役割を果たすための方法に過ぎません。人事が担う役割は、大きく分けると「人事企画・採用・教育・評価・労務」の5つに分類されますが、それらのゴールは「組織の発展」です。組織を発展させるには、どのように教育し、どれだけ貢献してもらうかが大きな課題となってきます。 この課題をクリアし、関係する多くの人を幸せにすることが、人事の仕事の最大のテーマです。

※画像をクリックすると拡大表示します。

人事の仕事とは
カリキュラム サブタイトル
文化論
  • 日本または外国の文化、風習、特徴を学び
    留学生との相互理解を深める。
  • ◎日本社会概論
  • ◎外国文化論
  • ◎留学生概論
マネジメント
  • 物事を計画的に考え、組織に参画しやすくなる為に、
    日々の生活と社会を繋げていく。
  • ◎コミュニケーション論
  • ◎リスクマネジメント論
  • ◎経営マネジメント
スキルアップ
  • 人事に関与する社会人として
    必要なスキルを習得する。
  • ◎人事制度論
  • ◎パソコン
  • ◎TOEIC
就職・資格対策
  • ビジネスマナーや履歴書、面接など就職活動のための
    具体的な指導。また、様々な資格取得を目指す。
  • ◎ビジネスマナー ◎資格取得対策講座
  • ◎就職対策講座  ◎実践力プランニング

※このカリキュラムは一例となります。年度によって内容を変更する場合があります。

よくある質問はこちら»

取得可能な資格 サブタイトル
取得可能な資格
活躍できるフィールド
アイコン身に付くスキルと他の道への繋がり
コミュニケーション能力
人との関わりが多い中、立場が下の方との関わりだけでなく、組織の経営陣といったトップの方や、外部の方、場合によっては専門家との関わりも多くあります。
矢印
営業へ
コミュニケーション能力を向上させることで、考え方だけでなく、立場も様々な方との関わりを持つことができ、それは営業職のような、人を魅了させる業種でも活躍できます。
情報収集能力
組織内のルールや、国の法律の理解だけでなく、世間の流行にも敏感になり、組織にとって良い情報をキャッチし、組織を発展させることが重要です。
矢印
企画へ
情報は、組織を発展させる上で非常に重要な武器です。より良い情報を常に把握できれば、企画のように新しいプランを作る業種でも活躍できます。
経営戦略力
1人1人の力をどこまで発揮させ、成長させることができるか、またそれによって組織をどこまで発展させられるかを常に考え、問題があれば解決する力が必要です。
矢印
マネージャーへ
自分自身だけでなく、周りもしっかり見て、一緒にレベルアップをさせられる力があれば、組織を束ねる人間へと成長し、組織の中核を担う人材になれます。
アイコン外国人と日本人労働者の現状

日本は少子高齢化の影響から労働力の低下が問題視されている中、 図のとおり外国人労働力の活躍により、日本社会は大きく支えられています。 しかし、外国人だからこその問題も出てきています。

※画像をクリックすると拡大表示します。

外国人と日本人労働者の現状
アイコン外国人労働者によくある問題
  • 日本文化やマナーの理解が乏しい
  • チームワークになじめない
  • 「外国人」としての能力発揮ができない
  • 改善方法が伝わらない
  • 「外国人」という特別扱いになっている
  • 仕事の指示がうまく伝わらない
  • 理解していないが「はい、わかりました」「すみません」と言ってしまう
  • 住居の確保
  • ビザ取得、更新について など
アイコン今後求められる人材とは
上記のことから、外国人によくある問題を理解し、解決できるスキルを合わせ持った人材は、今後多くの企業・団体から必要とされることは間違いありません!プロスペラ学院では、「人材マネジメントコース」にて、外国人労働者の力を最大限に発揮し、またよくある問題の解決や、想定される問題を未然に防ぐことのできる人材を育成します。