メインイメージ

ページアイコン ページタイトル学院案内

コンテンツアイコンご挨拶

理事長挨拶
  • 進学をご検討されているみなさん、こんにちは。学校法人福寿 プロスペラ学院ビジネス専門学校は“多様性”の中に“心と心の触れ合い”と“相手を思いやり、理解する気持ち”を大切にしたいと考えています。優れた学生が育つためには、多様な学生が集まって触れ合い、思いやり、理解し合う環境が不可欠だからです。このことは、わたくし自身の日本留学経験からも確信しています。本学には幸いにも諸外国から毎年多くの学生が入学しており、その点では多様性に富んだ日本でも有数の専門学校ということができます。日本人学生においては、国内にいながら身近に諸外国の学生と触れ合って国際交流をすることができますし、外国人学生は、教職員や日本人学生、地元静岡の方々と日本語での会話や日々の生活を通して国際交流ができます。
  • この“多様性”という価値を皆さんに提供しますので、是非この環境の中で“心と心を通わせ”、“相手を思いやり理解する気持ち”を醸成してもらいたいと思います。わたくしは、言わば世界の縮図である本学の多様性をさらに豊かなものにしていかなければならないと考えています。一人でも多くの学生に本学で学んでもらい、外国人学生には、将来の日本の貴重な労働力となり日本で就職ができるように、そして、日本人学生には、今後増加が予想される外国人就労者と共に働くことのできる稀有な人材となれるよう体制を整えて経営を行います。そして、皆さんに静岡県や日本で活躍してもらうことが最終的なゴールとなります。
学校法人 福寿
プロスペラ学院 ビジネス専門学校
理事長蔣 惠萍
校長挨拶
  • 日本の労働力不足の問題が叫ばれる中、即戦力として知識・スキルを有する者の需要拡大、女性の社会進出、定年退職された方の社会復帰等、時代に合わせて社会も変化をしております。今後のIT技術の更なる発展により、今まで人間が当たり前のようにおこなっていた仕事を、ロボットが代わりにおこなってしまう未来が来ることを考えますと、いよいよ“人と人とが関わり合う仕事”の重要性・需要は高まってきています。またその小さなステージを巡って、常に向上し続ける者のみが勝ち残る時代が来るのだろうと考えております。
  • そのような未来を見据える上で、プロスペラ学院では専門知識の習得だけでなく、次世代を生き抜く力の基盤として「国際社会で通じるコミュニケーション力」、「日本の規律と調和を重んじる心」、「他者理解」、これらの理解を深め、人と共に生きていく力を育み、また国の内外を問わず、どの世界でも通じる人間力を養うことを目指して参ります。
学校法人 福寿
プロスペラ学院 ビジネス専門学校
校長楊 惠媛
イメージ

コンテンツアイコン学院沿革

1983年 開校
1992年 「英語専修科」を設置
1994年 「専門士」の称号を付与される
2007年 「英語科4年制」を設置
2007年 「国際ビジネス科」を設置
2011年 「高度専門士」の称号を付与される
2013年 「プロスペラ学院ビジネス専門学校」に名称変更する
2016年 「外語キャリア科」を設置
2016年 「教育研修プログラム」を設置
2017年 「人材マネジメント科」を設置

コンテンツアイコンアクセス

学校法人福寿 プロスペラ学院ビジネス専門学校
〒421-0103 静岡県静岡市駿河区丸子5522-1
TEL.054-259-7655 FAX.054-259-7775

交通手段

車でお越しの方
東名静岡インターチェンジより約20分
新東名藤枝岡部インターチェンジより約22分
公共交通機関でお越しの方
  • JR東海静岡駅北口よりスクールバス有 ※運行時間はお問い合わせください。
  • JR東海静岡駅北口/7番乗り場 中部国道線「藤枝駅行」乗車、約30分
    「二軒家 大鈩不動尊入口」で下車、徒歩3分
  • JR東海藤枝駅北口/2番乗り場 中部国道線「JR静岡駅新静岡行」に乗車、約40分
    「赤目ヶ谷」で下車、徒歩3分